catch-img

群馬県の「STEAM(スティーム)教育推進プロジェクト」に参画

このたび、株式会社タニタヘルスリンク(略称:THL)は、群馬県の「STEAM(スティーム)教育推進プロジェクト」に参画します。


本プロジェクトは、群馬県の新・総合計画「ビジョン」で掲げる新たな時代を切り開く人材を育成するもので、今回この一環として、群馬県立吾妻中央高等学校において「健康」をテーマに、STEAM教育を取り入れた探究型の学習プログラムを実施。生徒自身の健康データの分析や地元・四万温泉におけるフィールドワークなどを通じて、生徒の探究心や課題解決力の向上を図るもので、10月30日からスタートします。


THLは、12月4日に開催予定の「フィールドワーク」を担当。2015年に経済産業省の委託事業(平成27年度健康寿命延伸産業創出推進事業)として、群馬県などとともに取り組んだ四万温泉をフィールドにしたヘルスツーリズムをベースに、歩き方講習や四万温泉の自然を楽しむウオーキングなどのプログラムを実施します。ウオーキングでは、活動量計を使って自身の歩数や消費カロリーを確認することで、健康的な生活習慣に欠かせない運動に対する意識づけを図ります。


THLでは、今回の取り組みを通じて、生徒の探究心や課題解決力の向上を図り、群馬県におけるSTEAM教育推進に貢献していきたいと考えています。