健康経営をご検討の法人・健保のご担当者様へ

働き方改革・健康経営・データヘルス計画など社員の健康づくりを加速する
法人向け タニタ健康プログラム


※健康経営度調査Q69(アンケート項目:健康経営をする上で手本としているまたは参考としている法人)において他社からの推薦が多かった企業を抜粋

 


企業経営にとってリスクとなる社員の「生活習慣病」や、身心の健康問題からくる「病欠・休職・離職」などが社会問題化している中、タニタではいち早く「健康経営」に取り組んできました。2009年の取り組み開始以降、社員による社会実験と試行錯誤を繰り返しながらノウハウを蓄積してきた「タニタ健康プログラム」に、企業様や健康保険のご担当者様より多くのご相談をいただいております。
自社がすべての実験場!
タニタで成果が見られた健康施策を、お客様にご提供しております。
タニタの成功事例1

活動量計は携帯率100※1
成功のカギは、職場習慣への浸透

タニタ健康プログラムでは社員の皆様に活動量計を配布し、日々の歩数や消費エネルギーなどを記録していただきます。この活動量計を社内の専用ICカードリーダーにタッチするだけで、自動でサーバーに記録されます。
タニタではこの活動量計と社員証と一体化させ、オフィスの入退室や個人認証に必須としたことで自然と携帯するようになり、職場習慣の中に定着しました。
私たちは「働きながらいつの間にか健康になる」をキーワードに、タニタらしい働き方改革を本年度も実践しています。

※1)タニタ社員の平日の活動量計携帯率
健康行動を促すための Keyデバイス となる
タニタのIC活動量計
(タニタ社員証例)写真を印刷することも可能
タニタの成功事例2

一人あたり
18,204円の医療費削減

タニタで取組を続けた結果、一人あたりの年間医療費は、健康プログラム導入前と比べて3分の2程度に収まるようになり、BMIは適性とされる18.5~25の範囲に収まる社員の割合が70%程度から75%に増えるという変化が見られました。
多くの社員の健康意識が高まったことで、従来かかっていた費用を抑えることができ、医療費の適正化が効果として表れたと考えられます。

タニタの成功事例3

健康経営を継続することで
優秀な人材”にもつながる

取組を長期的に推進したことで、副次的な効果も多く実感できました。

  • 社員の健康づくりのノウハウから生まれた『タニタ社員食堂のヘルシーメニュー』が話題となり、一般の方にも広く認知されるきっかけに
  • 「タニタ健康プログラム」による活動実績が評価され、平成24年度版と平成26年度版の厚生労働省の白書に記載される

などにより、『健康総合企業としてのタニタ』というイメージが浸透。企業イメージの向上にもつながったことで、管理栄養士や健康運動指導士などの有資格者と一般社員の採用でも優秀な人材の獲得につながっていると考えています。


※健康経営度調査Q69(アンケート項目:健康経営をする上で手本としているまたは参考としている法人)において他社からの推薦が多かった企業を抜粋

経済産業省が発行する「健康経営銘柄2019選定企業紹介レポート」において、健康経営を進める企業の手本となっている企業
“トップランナー”として、22社が発表されました。
「健康経営銘柄」に5年連続で選定された企業様も多数並ぶ中、株式会社タニタもその1社としてご紹介をいただきました。

今後もタニタヘルスリンクでは、タニタグループの健康経営の基盤を支えるとともに、そこで得られたノウハウを生かし、
個人や企業のお客様の健康づくりに役立つ商品・サービスを提供することで、「日本をもっと健康に」する取り組みを推進していきます。

健康経営の取組に
“早過ぎる”ということはありません。

このようなお悩みはありませんか?

  • 何からはじめたら良いかわからない
  • 導入するメリットや効果を知りたい
  • 社員が続けてくれるか不安
  • 健康経営銘柄を取得したい
  • データヘルス計画実施に不安がある
  • 時間がなくて手が回らない

わたしたちが実現できること
タニタヘルスリンクは健康サービスをワンストップで提供する
健康の「トータルコーディネーター」です。

'世の中には健康に関する情報・サービスが山のように出回っていますが、
本当に何が必要か、何をどれだけ利用することが最適かという情報はなかなか手に入りません。
少しでもお悩みや不安があれば、まずは私たちにお気軽にご相談ください。

まずはあなたの会社の健康経営度を診断!

ケーススタディ
導入・活用例

「タニタ健康プログラム」は、画一的なパッケージではなく、企業様のご要望によりカスタマイズが可能なサービスモデルです。
まずは現状のお悩みをお気軽にご相談ください。御社にあったサービスプランをご提案させていただきます。
A社 約500名

社内の利用促進とパーソナルカウンセリングで
社員が能動的に参加したくなる健康経営を実現

本部・支社・被扶養者向けに幅広くタニタ健康プログラムを導入。イベントや参加状況のレポートなどを実施し、利用促進を強化。
  • 測定会・カウンセリング
  • 歩数イベント
  • 無関心層アプローチ
  • インセンティブ(ポイント制度) 
B社約5000名

自社の取組と組み合わせて
「企業らしさ」「独自性」のあるプランにカスタマイズ

自社サービスとタニタ健康プログラムを連携。 本部社員にトライアル導入後、子会社、関連 会社、被扶養者全体に展開。
  • データ連携
  • トライアル導入
  • 被扶養者全体に展開
  • 説明会・健康セミナー

タニタ健康プログラムを実践いただいた
社員のみなさまの声

数値として見えるので、以前より健康に興味が出た。
自分はぜんぜん歩いていない現実を知り、自然と歩き運動するようになった。
エレベーターを使わずに階段を使うようになりました。
みんなが取り組んでいるので、自分もやろうという気持ちが起きました。

多くの企業様がトライアル導入からスタートされています。 トライアルの内容や費用についても、お気軽にお問い合わせください。

株式会社タニタヘルスリンク
〒112-0004
東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル 8 階