健康ポイント導入支援

健康ポイント(健康マイレージ)導入支援

「楽しく」 「お得に」 「無理せず」インセンティブで行動変容を促す。
住民・社員の健康づくりの活動促進、健康づくりの活動促進、医療費適正化に。

参加者個人で利用いただく歩数計アプリから集約された歩数をはじめとする各種測定などに応じて、ポイントを付与するシステムを構築します。システムでは、あらかじめ設定された歩数や歩行時間に応じて、ポイントを付与するものです。
加えて、イベント等の参加に応じてアナログでポイントを付与する仕組みも構築します。

健康ポイント導入例

ポイントが
貯まる

健康管理に関連するアクションでポイントが自然と貯まる

ポイントを
確認する

スマホやパソコンで確認でき、サービス利用・継続するモチベーションUP

ポイントを
使う

貯まったポイントは外部ポイントと交換して利用することが可能
管理者機能

情報を管理する

利用者の測定状況の確認やポイント利用状況の確認
ポイントを付与するアクション内容の設定、外部ポイントへの交換率を管理する機能を提供 

健康ポイントの利用方法(一例)

地域通貨に交換
WFPの給食プログラムに募金
自治体の独自の施策に交換
Amazonギフト券に交換
WAONに交換
カタログギフトに交換

健康ポイント付与例

歩数に応じて

1日の歩数に応じてポイント獲得
 5000歩で1pt
 6000歩で2pt など

機器で測定して

血圧計や体組成計で測定してポイント獲得(1日1回)

ログインして

専用からだカルテにログインしてポイント獲得(1日1回)

イベント参加で

イベント参加者など特定のユーザにポイントを付与

”健幸ポイント”

筑波大学・つくばウエルネスリサーチがSWC(スマートウエルネスシティ)総合特区大規模実験で実証した「健幸ポイント」の仕組みを活用することができます。ポイントの付与方法は各自治体様でもカスタマイズが可能です。詳しくはご相談ください。
※H26~28年度SWC総合特区大規模実証実験での成果がベース

つくばウエルネスリサーチの「個別健康づくり支援プログラム」とは

効果の確認された科学的根拠に基づくプログラムを提供しています。

生活習慣の改善等の行動変容を促すためには,早期に成果を出し、実感させることがポイントとなります。成果を早期に出すためには,個々人の身体状況やライフスタイルに合わせた「個別性」の高いプログラムを提供することが求められます。つくばウエルネスリサーチでは,個々人の体組成,身体活動量等のデータを基にライフスタイルの中でも無理なく効果を得られる個別健康づくり支援プログラム「e-combined EX(筑波大の研究成果に基づき開発)」を提供しています。

健康ポイント(健康マイレージ)導入支援について、 お気軽にご相談ください。

株式会社タニタヘルスリンク
〒112-0004
東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル 8 階