企業情報

メッセージ

私たちタニタヘルスリンクは 「日本をもっと健康に!」を目指し、
アカデミアと連携しながら科学的根拠に基づいた、サービスプログラムの提供を行っています。

 内閣府「平成28 年版高齢社会白書」によると2060 年の日本の人口は現在の3分の2 まで減少する一方、65 歳以上の割合は増加の一途をたどり、人口の40%が高齢者となる見込みです。

 社会保障給付費と保険料収入の乖離を公費で補うには限界があり、世界に冠たる日本の国民皆保険制度を維持していくためにも、国民一人ひとりが健康を「自分ごと化」し、「自分の健康は自分で守る社会」の実現が求められています。

 しかしながら健康に関心のない方に、健康の大切さを訴えてもなかなか理解が得 られないのも事実です。そのため、生活スタイル・趣味嗜好から「簡単・楽しい・ 続けたい」と思える健康コンテンツを提供することで行動変容を促し、結果として 利用者を健康にしていきたいと考えています。

 また、みなさんはご自身の健康情報が複数のサービスに分散してしまい、お困りになったことはありませんか?

 ヘルスケアデータは取り扱う企業のものではなく、利用者のものであり、一人ひとりが健康増進を実現する上でかけがえのないものです。そのためデータを蓄積する プラットフォームは自身のデータを有効に活用できるオープンなプラットフォームであることが重要です。私たちはその実現に向けて、産官学との連携を推進してい ます。

 子どもや孫の世代が私たち以上に幸せに暮らし続けられる社会であるためにも、思いを同じくする自治体様、保険者様、企業様等多くの事業パートナーの皆様と手を携えながら努力して参ります。

 タニタヘルスリンクの今後の取り組みにご期待ください。

取締役会長   丹羽 隆史

経営理念

私たちは、
「健康のトータルコーディネーター」として、
法人・個人の健康づくりに貢献します。

経営基本方針

私たちは、社会の変化を自らの力で主導します。(自主性・多様性)
私たちは、世の中の変化に対応すべく、迅速な意思決定で行動します。(スピード)
私たちは、イノベーションを起こし続けます。(価値創造)
私たちの成長は従業員一人ひとりが健康である上に存在します。(健康経営)

健康経営

このたび、弊社が推進する健康経営に関する指針を「健康宣言」として明文化しました。

弊社では、全社的な取り組みとして「健康経営推進プロジェクト」を立ち上げ、さまざまな健康づくりに関する取り組みを
進めていくとともに、「日本をもっと健康に!」を目指し、健康経営に取り組まれる企業の輪が広がるように、
より一層の価値創造と情報発信に努めてまいります。       

健康宣言


1.従業員は大切な仲間

従業員は、職場において同じ時間を過ごす私たちの仲間です。
この時間を共有する仲間を家族同様に大切に思うこと、仲間の健康を考えることは当然のことといえます。
家族の健康を自らの幸せと感じるように、従業員が健康であることは会社にとってかけがえのないものと考えます。

 

2. 従業員は自社サービスの一番のファンであること

私たちは健康づくりをサポートする会社です。
優れたサービスを提供するには、何よりも私たち自らが自社サービスのファンであることが大切です。
自らがファンであり、楽しみながらより良いサービスを創造し続け、
自らの健康をつくることで、提供するサービスの価値を向上させます。

 

3. 日本をもっと健康に!

一人でも多くの方の健康づくりに貢献できるよう、
私たちが提供するサービスのファンになっていただく努力を続けます。
そして、私たちが掲げる「日本をもっと健康に!」の実現を目指します。

株式会社タニタヘルスリンク
代表取締役社長 兼 CHO(Chief Health Officer) 土志田 敬祐

社内の健康経営推進体制

社長直轄の組織横断的な推進委員会「健康経営推進プロジェクト」を設置し、
CHOをリーダーとして全社をあげて健康経営に取り組んでいます。  

取締役紹介

代表取締役社長
土志田 敬祐

経歴:2001年 株式会社タニタ入社 営業部・経営戦略室を経て2008年より株式会社タニタヘルスリンク勤務 2012年より取締役マーケティング機能担当、2020年4月より現職

「日本をもっと健康に!」を合言葉に、 日本各地をとびまわっています。 健康はより豊かな人生を送るためのベースになります。 そのベースづくりのお手伝いができればと思いますのでご依頼ください!

取締役副社長
坂下 壮太郎


経歴:2008年当社参画 システム部長、Web事業部長、執行役員(企画・開発担当)を歴任し、2012年より取締役イノベーション機能担当、2020年4月より現職

我々の強みであるデジタルコンテンツとヒューマンのサービスを融合させ 「意識せずとも自然に健康になる」仕組み作り、 グローバル展開も視野にいれた「健幸プラットフォーム」の構築に挑戦します。


業務責任者紹介

営業統括部門

セールスエグゼクティブ 営業統括部門長
兼健康経営ソリューション営業部長
坂本 賢一

営業統括部門は、事業主様、健康保険組合様、自治体様の健康課題を解決すること、お客様と共に新しい事業を創出することがミッションです。「食事」「運動」「休養」の観点から健康のトータルコーディネーターとして皆様の健康づくりをサポート致します。

営業統括部門 公共ソリューション営業部長
兼営業企画部長
大島 敦

地方創生、地域活性化、MaaSへの取り組みなど、街と人を元気にするお手伝いをさせていただきます。我々の各種の事業パートナーと共に官民の連携事業を通じて、自治体様の健康課題の解決をご提案致します。

営業統括部門
パートナービジネス部長
小泉 邦善

パートナービジネス部は協業による新規サービスの創出、御社顧客に向けた付加価値サービスの提供をお手伝いさせていただきます。私たちの提供する仕組やサービスを活用し、一緒に取り組んでいただけるパートナー様からのご相談をお待ちしております。

営業統括部門
公共ソリューション営業部 担当部長
蓑口 明

「成果の出るプログラム」を自治体の皆様と一緒になって考え、ご提供していきます。 ポヒュレーションアプローチからフレイル、サルコペニア対策の個別教室事業まで、運動と栄養両面からサポートし、地域のみなさまのヘルスリテラシーの向上とコミュニティの構築に貢献いたします。

ヘルスケアサービス部門

エグゼクティブプロデューサー
ヘルスケアサービス部門長
米内 雄樹

「はかる・わかる・きづく・かわる」は健康づくりのPDCAサイクルです。 はかって自分を知ることを続けていると、からだの変化に早く気づき、体重や体脂肪を適正にするコツやタイミングがわかり、自然と健康的な生活習慣にシフトしやすくなります。 ただ真面目に健康づくりの取組を提案するだけでなく、楽しみながら続けられる「デジタルヘルスケアとヒューマンサービス」を融合させた独自のヘルスケアサービスを創出してまいります。

ヘルスケアサービス部門
サービス推進部長

宮本 綾子

サービス推進部は、事業の運営や最適なサービスの提案を通じて、最もお客様と近い立場で受託事業に携わっております。自治体様、法人様が抱える様々な健康課題に対し、弊社の持つ様々なリソースを活用し、住民や従業員のみなさまにとって最適な健康づくりのご提案をさせていただきます。

スポーツ庁の推進する「スポーツエールカンパニー」に認定