catch-img

フレイル予防のための個人対応型健康づくりパッケージ「T-Well」11月11日より本格展開

このたび、株式会社タニタヘルスリンク(略称:THL)は、利用者の運動や食事といった生活習慣の改善を支援する新しい個人対応型健康づくりパッケージ「T-Well」を、11月11日の「介護の日」にあわせて本格展開します。「T-Well」は、利用者一人ひとりに合ったフレイル予防に必要な運動や生活習慣改善メニューを提供。10万人の蓄積データに基づき筑波大学が作り上げたアルゴリズムを搭載したシステムを活用し、サービス開始前に実施する体力測定の結果(運動の強度と時間をもとに判定)や体組成計での計測データ、生活習慣アンケートの情報を入力するだけで、個々人に必要な運動メニュー(筋力トレーニング・有酸素運動)や身体活動の強度、生活習慣に関する改善ポイントを自動作成します。これを「プログラムシート」としてサービス開始時に一人ひとりに提供。これにより利用者は、日常生活の中で無理なく健康づくりに取り組むことができます。加えて、運動実施状況やからだと生活習慣の変化といった日々の成果や、これらに対するアドバイスをまとめた「実績レポート」を毎月届けることで、健康づくりへのモチベーションを高め、継続を促します。


「T-Well」で実施する運動メニューは、スクワットや腕立て伏せなど自重による筋力トレーニングを中心に構成されており、特別な運動器具は使いません。また、運動メニューは体力測定の結果や体組成の変化に応じて定期的に更新されるため、継続的に取り組むことができます。このため、指導員によるレクチャーを受けるだけで、誰でも簡単に自宅で取り組めるのが特徴です。加えて、毎週、THLが主導する少人数の集合型教室も開催。楽しみながら健康づくりができるコミュニティーとしての役割を通じて社会的フレイル解消にも寄与します。なお、新型コロナウイルス感染症予防対策として、利用者と指導員が双方向でコミュニケーションがとれるウェブ会議システムなどを活用した遠隔型モデルも準備しています。


THLでは基幹サービスの一つとして、2014年よりICT(情報技術通信)を活用した集団健康づくりパッケージ「タニタ健康プログラム」を自治体や法人向けに提供しています。同プログラムは、通信機能を搭載した活動量計や体組成計などで計測した自身の歩数やからだの状態の変化を、健康管理サイト「からだカルテ」を通して「見える化」できるのが特徴です。今回、「T-Well」の本格展開にあたっては、同プログラムと連携。利用者の生活習慣や運動習慣の改善・定着からフレイル予防まで健康づくりをトータルサポートします。


2020.11.9 プレスリリース『フレイル予防のための個人対応型健康づくりパッケージ「T-Well」を11月11日より本格展開』(PDF)


「T-Well」の詳細についてはこちらをご覧ください。