catch-img

秋田県大仙市とタニタグループが「健幸まちづくりに関する協定」を締結

秋田県大仙市とタニタグループ3社─株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)、株式会社タニタ秋田(秋田県大仙市堀見内字下田茂木添28-1、社長・樫尾昇)、株式会社タニタヘルスリンク(東京都文京区後楽1-4-14、社長・土志田敬祐、略称「THL」)は28日、「健幸まちづくり関する協定」を締結し、大仙市における官民連携による大規模ヘルスケア事業を10月1日よりスタートすることで合意しました。健康状態の「見える化」による健康づくりの意識啓発、個人の健康状態にあわせた運動の提案・実践・定着サポートなどに官民が連携して取り組み、健康寿命の延伸や地方創生を図るとともに、2030年度までに大仙市民の年間医療費約22億円の抑制を目指します。


対象者は、大仙市民及び本事業に参加する市内事業所の在勤者、合計約8万人。2022年3月末までに、参加可能な全ての対象者にタニタの活動量計を大仙市が無料配布します。このほか、市内26カ所に体組成計や血圧計を設置した「健幸スポット」を開設し、多世代が活用できる健康づくりインフラを構築します。なお、全市民・在勤者を対象とした大規模な官民連携ヘルスケア事業は、全国初の取り組みとなります。


本事業では、医療費の多くを生活習慣病が占めるといった大仙市の健康課題を解決するため、多くの自治体や企業の健康づくり事業で採用されているTHLの集団健康づくりパッケージ「タニタ健康プログラム」を実施します。本プログラムは、通信機能を搭載した活動量計や体組成計、血圧計で計測した自身のデータをパソコンやスマートフォンで簡単に確認できるのが特徴。からだや行動の変化を「見える化」することで参加者の行動変容を促します。


タニタグループでは、1973年以来、大仙市を生産拠点として事業をおこなってきており、1988年に現在の秋田工場を開設。国内唯一のマザー工場として、体組成計や活動量計など家庭用の健康計測機器から業務用まで幅広い商品の製造をおこなってきました。こうした歴史を踏まえ、今回、新たな地域貢献として取り組むもので、THLは、タニタグループの一員として健康サービスの提供を通じ、大仙市が掲げる「健康寿命の延伸」「医療費の抑制」を実現するだけでなく、「地方創生」にも寄与していきたいと考えています。


2020.09.28 プレスリリース『秋田県大仙市とタニタグループが「健幸まちづくりに関する協定」を締結』(PDF)


協定式の様子の写真は左から
タニタヘルスリンク社長・土志田敬祐、タニタ社長・谷田千里、大仙市・老松博行市長、タニタ秋田 社長・樫尾昇