ジャパネットグループ全社員を対象に「タニタ健康プログラム」を提供

株式会社タニタヘルスリンクは、株式会社ジャパネットホールディングス従業員の健康づくりを目的に連携し、同社社員を対象にタニタの医療費適正化パッケージ「タニタ健康プログラム」を提供します。ジャパネットグループ全拠点(10カ所)の全社員約750人が対象。
同プログラムは、通信機能を持つ活動量計や体組成計を使って社員のからだや活動の変化を「見える化」。社員一人ひとりの行動変容を促進し、医療費の適正化を図るとともに、社員の健康増進を経営的視点で捉える健康経営を実践していきます。

同プログラムの導入にあたってジャパネットグループでは、タニタのプロフェッショナル仕様の体組成計と血圧計を備えた健康チェック施設を各拠点(8カ所)に設置するとともに、全社員に通信機能を持った活動量計を配布。参加者は、からだの変化と活動の状況を把握できるほか、パソコンやスマートフォンを使ってその推移をグラフにして見ることがきます。併せて、活動量計をシールタイプのオリジナルデザインとしたり、毎月の歩数ランキング上位者へタニタ食堂メニューを導入している社員食堂の無料利用特典を用意したりすることで、参加者のモチベーションを高め、継続を促します。また、本取り組みの一環として、ジャパネットグループの一員であるJ2リーグ加盟のサッカークラブ「V・ファーレン長崎」の所属選手に対しても、体組成計等で計測したバイタルデータに基づく栄養指導サポートを実施します。

タニタプレスリリース
http://www.tanita.co.jp/cms/press/pdf/2017/20171107.pdf

株式会社タニタヘルスリンク
〒112-0004
東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル 8 階